チャンピックスで喫煙室にさようなら

今の時代どこもかしこも喫煙者を隔離しているかのような建物ばかり。そんな肩身を狭くしてまで煙草、本当に必要ですか?すこしでも禁煙を考えてるのであればいますぐチャンピックスでの禁煙をお勧めします

禁煙外来で推奨されるチャンピックス

タバコは自身の健康を損ねるだけではなく、副流煙で周りの人の健康に影響が出てしまうこともありますので、禁煙を検討している人もあるのではないでしょうか。

禁煙を成功させることで、より健康な体を維持できるようになり、様々な病気を予防することができますし、タバコを購入する料金がかからなくなることで、その分の費用を趣味などに回せるようになるなど様々なメリットがあります。

そして、禁煙の方法としては電子タバコなどの禁煙グッズを利用したり、少量のニコチンを体に取り入れることでタバコを吸っていないときのイライラした気分を和らげるニコチンガムやニコチンパッチも人気となっています。

ニコチンガムやニコチンパッチは人気の高い禁煙アイテムですが、やはり少量でもニコチンを取り入れていくこととなりますので、なかなかすっぱりとニコチンを絶つことができないという人も少なくないものです。
強い意志で我慢しているつもりでも、つい禁煙中にタバコに手が伸びてしまうということは珍しくありません。

努力していても、なかなか禁煙に成功できないという場合は禁煙外来での治療も検討してみましょう。

禁煙外来では専用の禁煙薬が利用されており、チャンピックスは高い効果を得られることで注目されています。
タバコを吸うと一時的に気分が良くなるのはタバコを吸うことで脳のニコチン受容体にニコチンが結合されドパミンという快感物質が放出されることにあります。

それゆえに、なかなかニコチンを絶つことは難しいのですが、チャンピックスの場合はニコチンを使わずに少量のドパミンを放出することで、ニコチンが切れたときのイライラした気持ち、落ち着かない気持ちをやわらげることができます。

そしてニコチン切れのつらさを和らげるだけではなく、チャンピックスは禁煙中についタバコを吸ってしまったときも、タバコを美味しく感じないようにする効果も期待できますのでよりタバコをやめやすくしてくれます。

チャンピックスの飲み方についても知っておきたいですが、禁煙治療は12週間が基本となっています。
この期間は自分の判断で勝手に薬をやめたりせず、医師の指導をしっかりまもり薬の服用を続けていきましょう。

いきなりタバコを断つのはつらいものもありますが、最初の一週間はタバコを吸いながら治療を行うことができます。この期間に自然にタバコが吸いたくなくなった場合は8日目を待たずに禁煙を始めていくこととなります。
12週間で無事禁煙できた場合は、治療は終了となり、タバコを絶てなかった場合はもうしばらく続けるなど医師と相談しながら治療を続けていくこととなります。